食と向き合うと‥なにが変わるの?

こんにちは♪食卓セラピスト・菜央子です。


「食でセラピーって、どうして思ったんですか?」


私にとっては当たり前な感覚でいることが、
他の人から見ると不思議に感じられる。ということもあるんだな!!

なんて感じた質問をいただいたので。


私が思うままのことですが、
書かせていただきます。


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

お料理をいただく時に。
ただお腹が空いたから満たすだけの目的というのは、なんだか寂しい気がします。

忙しい、という字は心を亡くしているという成り立ちですが、
まさにココロがないままで食べていると、おいしいという感覚が分からないまま、
食べていることになっています。


グルメなおいしさを求めるというのは。
確かに好奇心が満たされる愉しいことでもありますが。
果たして本当に満たされているのだろうかと疑問に感じることもあります。


毎日いろんな情報が発せられ、それらを次々に追いかけるという姿は。
味わう、という感覚が満たされていないからではないのかと。


私は、体にいいと言われる料理を追究する世界に身を置いたこともありますし、
お取り寄せとか素敵なレストランとか、
おいしいモノを試すのがとても好きな時期もありました。


そして、体は正直なものでして。
持病のアトピーが悪化したり、体重が増えたり、
健康的な状態からは遠ざかるばかりでしたね。


いいものを食べる。おいしいものを食べる。
ということだけでは、ココロが満たされていなかった。

というのに気づいたのが、20代後半。

おいしくいただく、というのは、私にとってはどんなことなんだろう?


ということを中心に据えて、

今のおうちで暮らすようになってから、
料理したりおうち空間を整えたり。
友達をよんでおもてなしをしたり。


自然に楽しむことをしているうちに、
今の食スタイルが出来上がっていきました。


そうしたら、
アトピー症状は出なくなり、体重も極端に増えることもなくなりました。


ファッションを考えるようにおうち空間のことも自分のことのように考えるようになって、
自分スタイルを表現することの楽しさに目覚めました。

本当に食べたいと思う素材を、シンプルに活かす料理にしたら、
この味でおいしいんだっていう勘所が、分かるようになりました。


じぶんカフェスタイルっていうのは、自身がオーナーになって、
自信をもって表現していくことなんだ。


ここが土台としてあると、
時に疲れたり、時に迷ったり、時に立ち止まったりしても。


休むべくときは休めばいい。
楽しいときにはどんどん外に出ればいい。


そんな流れに任せることが、無理なくできるようになっていて。


ああ!これが五感アンテナが常にいい状態で働いているんだって、
分かりました。


私という存在がここにあり、
確かに今ここに生きていて、内側とも外側ともつながっている。


そんな安心感は、食スタイルの土台があってこそ!
だなぁって、幸せに感じます。


衣食住という言葉がありますよね。
この三つの要素はまさに、生きていく土台です。
そして、その中にいる自分が整えば、表現して輝いていくのが自然なことなんですね。


健康であること。
美しくあること。

上辺だけ追究しても、真からの輝きは生まれないと感じます。


私が今まで出会って、素敵だな、素晴らしいなぁって憧れる方は、
それぞれの土台というものをしっかりと考えてこられている方ばかりです。


私は、食と向き合うことでライフスタイルが輝くという、
食スタイルという土台に出会えたので。
幸運です。


不思議に思われるかもしれない、どこから発想したの?といわれるイベントやセミナーも。


まずは食と向き合うことから始めていくと、自分自身の内側に目がいくことになるので。
そのきっかけになる機会を楽しく提供していきたいと考えて、出てきたものなんですね。


だから。
既に持っている感覚・五感というものを磨いて、
これから自然にあなたに必要なものがやってくるようになる為に。

まずは、「おいしい♪」感覚をココロから味わってもらう体験をして欲しい。

いただきます、ごちそうさま。
この挨拶が形だけでなく、ココロから発せられるようになれば、
体もきっと喜んで輝いてくれるから。



おいしいお料理と、くつろげる空間で、お待ちしています♪


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

ということで。

今月も色々企画しています♪

一覧にしましたので!

ぜひピンとくるものがあったらいらしてくださいね(*^ー^)ノ


☆ 10・11月イベント情報はコチラから!

お問い合わせ

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

セミナー・料理教室申込

【 お申し込み方法 】

下記⇒リンクより、

申込フォーマットがあります。

ご希望のコースを選択して、

進んでください。

⇒コチラから