2012年

9月

11日

笑い話にできなかった思い出

こんにちは♪食卓セラピスト・菜央子です。


毎日の時間の流れが早く感じるか遅く感じるかというのは、
子供と大人とでは違うと思います。


子供の時代の一年というのは、とてつもなく長かったように感じます。
つまり、一日の流れもゆっくりと、濃かったような。


今ではその感覚も忘れかけているような気もしますが、
インナーボイスセラピーをして、
昔の私自身が体験してきたことを追体験してみると。

本当に些細な出来事であっても、
そこで感じた思いの深さに、圧倒されます。


嬉しいことも。
哀しいことも。

楽しいことも。
嫌なことも。


きっと、今の私が感じるよりも数十倍の重みで、
受け止めていました。

その時の思いに気づくたびに、
もう溜まらなくなります(*v.v)。

大抵、涙が溢れ出ます!
(傍らにはティッシュ必須!!)


誤魔化して今まで過ごしてきたことが、
なんだか恥ずかしくなったりも。


昨日、セラピスト同期の辰巳 葉子さんにセッションをして頂いた時にも、
出会った小さな私は健気でした。


全く思い出さなかった思い出ではなく、
ふとした時に話にも出すエピソードでした。


こんな風に鍛えられて、今はたくましくなった!

みたいな、笑い話のように。


でも実は、
そんな笑い話で吹き飛ばせるようなレベルでの、
傷つき方ではなかったんですね。


なんとか寄り添って、一緒に乗り越えていき。
小ちゃな私が統合されていくのは一瞬でした。


そこから体全体に染み渡った感覚は、
赦しという言葉以外では表せない温かい愛でした。


改めて。
自分の中に答えはある、というインボイは、
真からの自分に出会えるまたとない機会を得られる、
深いセラピーだと感じました。


インボイは自分自身で出来るレベルもあります。
セルフセラピー出来るというのも、大事なポイントです!

 


けれど、ここ最近は自分でやろうとしても、
最後まで進めずに気づいたら寝てしまうという、逃避状態にあったので。

力強く優しく支えてくれる、葉子さんの助けで辿り着けました。
(ありがとうございました!!)


なにかイライラとかモヤモヤがあって、
一時凌いでもまた繰り返すような場合には。

信頼できるセラピストさんのサポートが何よりも必要です!


今月まもなく開催されるインナーボイスフェスティバル

ここに集うセラピスト達は、みんな真摯に自分自身に向き合ってきましたし、
今でもそれは変わりません。


インナーチャイルドへ敬意を感じつつ、寄り添ってきている経験があり、
誰にもそれは眠っていることを知っているので。
あなたの体の声を聴くサポートをさせていただいてます。


フェスでは、体験版としてプチセッションを多彩に用意しています。
ぜひ、インナーボイスを聴いてみたいというあなたをお待ちしています♪

9/20(木)午後一時より。都内の会場です。
⇒詳細はコチラから!


しかし、今回の思い出エピソードは、食にまつわる出来事でしたから。

インナーボイス食人としてはいい加減に目覚める必要があったんだなぁ!
とも感じています(><;)


ごめんなさい。
ゆるしてください。
ありがとう。
愛しています。





偉大なマントラで、今日の話を終わります♪

だから、インボイ(注:インナーボイスセラピーの略)で、

お問い合わせ

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

セミナー・料理教室申込

【 お申し込み方法 】

下記⇒リンクより、

申込フォーマットがあります。

ご希望のコースを選択して、

進んでください。

⇒コチラから