2012年

8月

08日

自分の感受性くらい

こんにちは♪食卓セラピスト・菜央子です。

 

 

暑さでぐったりしていた所に涼しさが突然訪れて。

あまりの心地よさに寝坊してしまう朝でした(^▽^;)

 

 

涼しい室内にいたくなる時でもありますから、

おうち空間も涼しく感じる演出を心がけたいですね♪

 

 

いつもと変わり映えのしない空間にいると、

どうなると思いますか?

 

 

生き物は、日々生きる為に活動をしており、

成長し続けていますね。

 

 

※老いという言葉は私は好きではなく、

熟成していくというある意味、成長の派生したものと考えています。

 

どんな生き物であっても、たった一人では存在していません。

 

お互いに気づかないうちにも、影響し合い、刺激されて、

常に変化していくのです。

 

 

その変化を意識しているかしていないかの違いだけなんだと、

思います。

 

意識されていて、進化している人は、

内面から何かが滲んでいますよね。

 

オーラというものが見えなくても、

つい目が留まってしまうような人っていないですか?

 

 

そういうハッとするモノが、その人の魅力です。

 

 

持って生まれた恵まれている人だけに限らないのです。

 

誰でも、毎日一滴ずつでも、

あなた自身を大切にしていく気持ちを溜めていければ、

いつか溢れんばかりの魅力として輝きます!

 

心身を整えるということは、まず「食」は必須です。

 

そして、私たちは環境からも影響を受けているのですから、

おうち空間もとても大切な場です。

 

 

清潔に、居心地よくすること。

 

混沌としている中にも、大切なヒントが隠されていること。

 

 

その空間を見ると、大体その人の今のココロは現れていますね。

 

 

さて、最初の質問に戻りましょうか。

 

変わり映えのしない空間にいるとどうなるか?

 

 

それは、あなた自身のココロが、上手く自然のリズムに乗れなくなり、

 

鈍感になってしまいます!

 

コンクリートやアスファルトの世界にいると、

鈍感になってしまう

なんて言うのは、単なる言い訳ですね。

 

 

街中にいると、確かに直に土を踏み締めることもなく、

日中外にも出ない仕事なら、太陽にも触れないかもしれないですね。

 

どんな所にも、自然は潜んでます!

 

ビル風の勢いは冬と春でも違うし、

街路樹の変化だってあります。

太陽の日差しで作られる陰の濃さだって、変わります。

 

 

そういう何気ない変化に対して、

単に、あなたの感受性が鈍くなってしまっているから、

眼で見ても感じていないのです。

 

自然は毎日移り変わります。

ただ、カレンダーの日めくりのように、

機械的に進むのではありません。

 

そういう変化を敏感にキャッチしていれば、

おうちに帰って来た時にも、

 

「そろそろ透明感あるものを取り入れたい」

「軽い素材のファブリックに、替えたい」

 

というように、目につく所が自然に出てきます。

 

見本をそのまま真似て変化させるというのではありません。

変化したいという所が分かったら、

そのヒントを得る為にアンテナを張っていれば、

必要な物や情報が飛び込んできます。

 

 

私は、日頃から特に買うものがないお店でも、覗きます。

 

若い年代のファッションのお店やメンズのお店でも、

結構気になるモノが目について、

どうして気になったのか?と考えたりするのが好きです。

 

ファッションは移り変わりが早いので、刺激的なんでしょうね。

 

伝統的なものも勿論好きです。

 

入る勇気はない超高級ブランドのお店でも、

ショーウィンドーをしげしげと見ることはよくあります。

ディスプレイが、ヒントになります。

 

あなたもぜひ、意識して、無意識に自然なリズムを感じられるように。

おうち空間を整えながら、感性を磨いてくださいね。

 

ファッションにお金をかけるのもいいですが、

それも内面が充実していないと、全然しっくりしないですから。

 

今の自分に合うモノを身につけるというのも、素敵な感性ですよね!

 

おうち空間の話からちょっと広がりましたが‥

食というのは、そういう周りの環境とあなた自身が反映される、

総合的なモノなので。

 

 

そうそう、"感受性"ということについて謳った、

素晴らしい詩があります。

 

 

ただし、後遺症については責任は負えませんので、

覚悟してお読みくださいませ(笑)

 

 

ぱさぱさに乾いてゆく心を

ひとのせいにはするな

みずから水やりを怠っておいて

 

 

気難しくなってきたのを

友人のせいにはするな

しなやかさを失ったのはどちらなのか

 

 

苛立つのを

近親のせいにはするな

なにもかも下手だったのはわたくし

 

 

初心消えかかるのを

暮しのせいにはするな

そもそもが ひよわな志にすぎなかった

 

 

駄目なことの一切を

時代のせいにはするな

わずかに光る尊厳の放棄

 

 

自分の感受性くらい

自分で守れ

ばかものよ

 

 

 

喝がはいりましたか?

では明日からも気合いを入れて!

 

感受性を磨いてまいりましょう♪

お問い合わせ

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

セミナー・料理教室申込

【 お申し込み方法 】

下記⇒リンクより、

申込フォーマットがあります。

ご希望のコースを選択して、

進んでください。

⇒コチラから